大成私信 BLOG

民主党

【大成私信】 げにありがたきは

img_1239

img_1239

来年1月5日告示、同月22日投開票の山形県知事選挙。
3期目に挑む現職への対抗馬擁立を模索してきた自民党が昨日、最終的に自前候補擁立を断念したとの報。
今のところ他に立候補の動きはなく、このままでは2期連続で無投票再選ということに相成る訳ですが、いやはや。
知事選挙ともなれば、その規模からも確かに伊達や酔狂で立候補できるものではないところもあるのは事実なれど、それにしても天下の政権党がこうした状況というのは、実に哀しいものであります。

現職知事への私の評価がどうこうということではなく、やはり選挙は本来行われて然るべきもの(無投票当選も確かに選挙の結果なのでありますが)。
知事選であれば、各候補の政策論争を通じて県政への関心を寄せてもらえる絶好の機会でありますし、それは投票することでさらに高まる訳でして、その機会を失う(それも8年)ことは、「自治」のあり様を考える上で大きな損失に他ならない。
告示までまだひと月以上あるので、この先どのような動きがあるかは勿論分かりませんが、現状は至って残念な流れにあります。

名前の上がっていた自民党の女性県議も「捨て石になる覚悟」と仰っているほどには、その実それまでの覚悟はなかったのかな。
漏れ伝え聞くところによれば、党(県連)に対し随分な要求もしていたということだし。

✳︎ ✳︎ ✳︎

本日は庄内。
時ところにより程度の違いはありましょうが、小雨交じりの一日に。

ほんの短い時間の事務所滞在時、地元の方々が私のことを心配して駆けつけてくださり、我が事のように悔しがってくださり、私への励ましのお言葉をもたくさん頂戴いたしました。
いや、こうした暖かい皆さんに支えていただいてのこの二年だったのだなと改めて。
本当にありがたいことです。

コメントは受け付けていません。